Skip navigation

最新鋭の車両に快適な暖房

最新の低燃費車両エンジンでは、わずかな廃熱しか発生しないので、車室を十分快適な温度にすることができません。エバスペッヒャーCATEMがこの難題を解決するために提供している効果的なソリューションが、電気式エアおよびウォーター補助ヒーター(PTCヒーター)です。PTCヒーター素子は簡単に
カスタマイズして利用することができ、たとえば首回りへのスポット暖房など、車両内で分散して使用することもできます。このノウハウは、すでに世界中の2,500万台以上の車両で利用されています。

最大500Vまでの高電圧で利用するために、エバスペッヒャーCATEMはすでに量産準備ができているPTCヒーターを開発しています。このヒーターは、ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車といった次世代の車両の大変狭いスペースにも取り付けることができます。このヒーターのPTCヒーター素子は最大7kWまでの出力範囲を
カバーし、一般的な電圧範囲に対応しています。そのため、新しいコンセプトの車両であっても、大変効率よく暖房を行うことができます。