Skip navigation

乗用車用プレヒーター ¹⁾

エバスペッヒャーの車両用ヒーターは、補助ヒーター、プレヒーター、電気自動車やハイブリッド自動車の暖房ソリューションと同じくらい鮮烈なものとなっています。

耐用年数の長さ、丈夫さ、2種類以上の燃料を利用できる能力など、並ぶもののない特徴を備えたエバスペッヒャーのプレヒーターには、様々なメリットが存在しています。コンパクトなサイズであるため、OEM時やオプションの改装時に車両インフラに簡単に統合することができます。厳しい排出規制、商業的側面、特に静かで臭いのないプレヒーターへのニーズが、あらゆる部品を恒常的に改善する必然となっています。次世代のHydronic 2プレヒーターで、エバスペッヒャーはすでにそのような現時点で求められる標準を満たしています。そしてこれは、未来の要求を実現するための完璧な土台となります。

従来型の動力による車両向けのソリューションに加え、エバスペッヒャーはハイブリッド車や電気自動車のような別の駆動方式向けの暖房についての展望も提示しています。そのような車両では、内部暖房とバッテリーの調整は大変な難題となり、非常に限られた量のバッテリーに依存することになります。燃料ヒーターを利用すると、対応する車両の範囲はかなり広くなります。効率がよく、バイオエタノールを燃料として利用できる可能性があるため、効果的な暖房だけでなく、生態系に影響のない作動が保証されています。

¹⁾ 機能の範囲は、それぞれの用途に応じて変動します。 詳細は整備工場にお問い合わせください。