Skip navigation

伝統が生みだすイノベーション

145年以上の歴史全体にわたって、エバスペッヒャーは常に技術的課題を解決してトレンドを生み出すことにより、他の一歩先を歩んできました。現在でも、エバスペッヒャーのイノベーションは自動車業界に新たな駆動方式や車両コンセプトをもたらす重要な推進力となっています。

成功に安んずることはないというのは、エバスペッヒャーの信条の一部です。エバスペッヒャーは今後も、暖房技術に関するさらに厳しい要求に取り組み続けてゆきます。エコロジー、経済性、音響特性、効率性、代替燃料、長い耐用年数、モジュール性、温度管理、新しい駆動技術─これらの要素は、エバスペッヒャーやお客様の成功を確かにする上で決定的なものです。

そのため、今日と未来のイノベーションについての話題は、とてつもなく広大なものとなります。それは、現世代のAirtronicの改良からはじまり、プレヒーターの作動における温度管理を経て、サービスの発展や新しい定量ポンプの導入を含むところまで続いてゆきます。

しかし、中核となるテーマは現在の第2世代Hydronicのさらなる発展です。この製品が生まれた際に、重要な未来のビジョンがすでに検討されています。たとえば、Hydronic 2 Commercialで100%多種燃料対応を可能とし、最高の効率で長期の耐用年数を実現することです。