Skip navigation

2. プロトタイプの作成とテスト

コンセプトの開発が終了したら、テストや検証用に必要な数のプロトタイプを作成し、機能モデルを車や機械に取り付けます。この段階で、個々の部品の性能テスト、関連する気候室でのテスト、衝撃・振動テストの準備を行い、実施します。新たに開発された製品やプロジェクトベースの内蔵計画は、私たちの気候室でテスト(冷熱試験)を行うこともあります。ここでは、エアコンユニット、完成形のシステム、そして最大でバスほどのサイズの車両でさえも、-40°C~+55°Cの環境温度でテストを受ける必要があります。このフェーズの間には、様々な要件の認定、確認テスト、検証も行われます。

戻る