Skip navigation

不良品ゼロ戦略

失敗が起きてから改めるよりも、失敗を起こさない方がはるかによいでしょう。品質ポリシーにおいて、エバスペッヒャーは常にこのアプローチをとっています。

不良発生率をゼロにすることが、エバスペッヒャーの目的です。品質による影響を受けるワークフローや作業手順を計画したり調整したりする際には、常にこの目的を意識します。しかし同時に、人間も機械も完全にエラーを防ぐことはできないことを認識しています。そのため、エラーに対して寛容であることができるのです。

1度だけ望むような結果が出なくても、非難すべきことは何もありません。エラーは、常に改善の動機として歓迎されています。 恒常的な改善がエバスペッヒャーの品質管理システムの基本原則だからです。

エバスペッヒャーは起こるすべてのエラーから学習し、エラーが継続的に再発することを防止します。 同じ発生源となり得るエラーをできるだけ早く認識するために、得られた教訓は社内で系統的に共有されます。このような過程によって、大きな結果を達成しており、エバスペッヒャーは、常に不良発生率がゼロに近いレベルで生産を行っています。

このような努力は広く認識されています。不良発生率ゼロのパーツや際立った製品品質により、お客様から定期的な表彰をいただいています。