Skip navigation

E-モビリティ ─ エバスペッヒャーの様々な製品がもたらす恩恵

エバスペッヒャーは、ハイブリッド車や電気自動車など、あらゆるタイプの車に最適な暖房システムを提供しています。革新的な温度管理のスペシャリストで、現在、次世代車両に関する2つの大きな難問である経済的な車内温度制御と、繊細なバッテリー制御に取り組んでいます。エバスペッヒャーはあらゆる製品を扱っている唯一のメーカーで、どんなタイプの車両や駆動方式にでも対応できる適切なシステムを提供しています。電気や燃料で作動するエアヒーターやウォーターヒーターといった製品を取りそろえています。
英語トップページ用コンテンツ

増設用電気式ヒーターのスペシャリストであるエバスペッヒャーCATEMは、高電圧PTCヒーターを提供しています。この革新的な増設用ヒーターは、電気 自動車の一般的な200から500ボルトの高電圧を制御しています。この電気式ヒーターはとりわけ短距離用の車両に適しています。排出量ゼロの装置は、大 都市圏の汚染削減に有効です。燃料ヒーターは、車両の電気システムから独立して作動するので、車両はすべてのバッテリー容量を利用することができます。そ のため、燃料ヒーターシステムは長距離向けの第一候補となります。燃料ヒーターは、すでにバイオディーゼルなどの特殊な性質を持つ代替燃料に対応できるよ うに設計されています。エバスペッヒャーは、100パーセントバイオディーゼルに対応したヒーターも提供しています。

車内の温度制御シス テムだけでなく、エバスペッヒャーは高電圧バッテリーの空調ソリューションにも取り組んでいます。高電圧バッテリーは、ある特定の温度範囲内でのみ、最適 な性能を実現できます。かねてよりエバスペッヒャーCATEMは、冷却水循環路に統合され、必要とされるときに車両バッテリーの余熱を行う高電圧PTC ウォーターヒーターを、ハイブリッド駆動の電気自動車向けに提供しています。このような電気式ウォーターヒーターには、パワー電子装置、電気式モーターな どの負荷による排熱を、統合された温度管理システムの一部として車両の暖房に利用できるというメリットも持ち合わせています。

戻る